「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。tigubaguこと桂木大輝のブログへようこそ。発達障害当事者、ひきこもり経験者の僕が日々感じたことを徒然なるままにつづっていきます。読んでくだされば幸いです。

tigubagu流~悪口を言われた時のメンタルの保ち方~

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20200120164507j:plain

僕はしょっちゅう影口を言われてきた

現実で僕を知ってくださっている方ならわかると思うのですが、僕は極度の目立ちたがり屋です。

だけど、それと同じくらい人見知りです。

まとめるなら、みんなの前には堂々と立てるけど、個々人とはなかなか仲良く仕切らない、そんな立ち位置です。

で、こんな僕だったんで、どこにいっても集団内では「ういて」いました。

考えてみれば僕もそりゃうくよな、とは思います。

目立つくせに、仲良くはしない、となると周りからは変わってるやつ扱いをされて、いじめの対象になったこともあります。

 

そしてタイトルにある通り、悪口や影口なんてのもしょっちゅう言われていました。つらかったです。

 

対処法①悪口を言われることはそれだけ行動に移している証拠と考えた

悪口をいったり、陰でこそこそ影口を言っている奴らのほとんどが行動に移していないんです。なにもせず自分はただ悪口を言っているだけ。本当に性根が腐っていると思います。

 

それに僕は、何も悪いことをしていたわけではありません。

ただ人前に立って話すのが好きだったり、自分の考えを表現することが好きなのです。それを行動もしていない奴らにとやかく言われてやめなければならない筋合いはどこにもありません。

ここに関して僕はずっと「負けない」と思い通しています。

よくアンチが増えるのはそれだけ有名になってきた証拠、というじゃないですか、それと同じで悪口を言われるのはそれだけ僕が行動に移している証拠、やりたいことをやっている証拠、そういう風にとらえています。

 

対処法②誰かは必ず見くれている

これも僕が周りの輪に入れず悪口を言われ死にたい気持ちでいっぱいだったときに心の支えとしていた言葉です。

 

小さなコミュニティーの中で居場所がなく、周りから悪口を言われるのはまさに生き地獄といっても過言ではありません。その集団内にフォローしてくれる人が一人もいないとなるとなおさらです。僕もこういう経験をしたときはとにかく死にたいくらいつらかったですね。

 

しかし、世界は広いです。

コミュニティーの数なんてそれこそ無数にあります。今ここでは居場所はなくても、必ずどこかにあなたの居場所はあります。

そしてそうやってがんばっているあなたを必ず誰かは見ています。

僕自身もそうだったのですが、意外といろんな人が見てくれているんだなとわかりました。

が、つらいのが見てくれてたんだなとわかるのが、だいぶ後になってのことなんで渦中にいるときはそうは感じられないんですよね。

 

だからこそ僕はせめて心の支えとして信じ続けました。

そして今も知らないところで見てくれている人の存在を信じています。

 

対処法③人間的に劣っていると見下す

①と②に比べると、かなりドロッとしたやり口かもしれませんが、これもかなりの効果ありです。

悪口を言ったり、陰でこそこそいっているやつらはもう人間的に幼いんです。そうやって悪口を言うことしかできないんです。

 

もちろん悪口を言う人にも理屈は存在するでしょう。ただその多くがよくよく分析すれば妬み、嫉み、僻みがほとんどです。

自分の心のコントロールの取り方をすべて悪口に向けているのです。

そんな人間的に劣っている人たちに何を言われても、あなたが傷つく必要はどこにもありません。

 

僕もかなりこの「心の中で見下す対処法」をしていました。

そして②にも通ずるのですが、そうやって悪口ばかり言っている人は必ずどこかでしっぺ返しが来ます。なぜならそうやって悪口を言っている人のことも知らぬ間にいろんな人が見ているからです。

 

過去の僕にも言えることですが、そんな奴らのために傷つくことすらもったいないです。

 

対処法④環境を変える

荒治療ですが、一番効果てきめんです。

もうそれだけ悪口を言う人ばかり、影口が絶えない場所ならとっとと自分からおさらばするのが最善策です。

まさに「逃げるが勝ち」です。

いきなりその場を抜けるのは難しければ、休み休みなり、適度に距離を置くなりするのがいいです。

僕も居場所がなかったとき、休み休みしながら、言い換えるなら「逃げながら」その場所に属していました。

本当は耐え忍ぶ必要性すらもないのです。

自分を一番大切に。

 

 

ざっと4つ紹介しました。

僕自身がずっと悩まされてきたので、わりと正直に対処法を書くことができたかなと思っています。

 

最後にもう一度書きますが、なによりも自分を大切にしてください。

悪口言うやつらのために苦しむ必要はないんです。

 

今日も皆様の一日が良き日となりますように!^^

ではまた!

人と比べることは「多くの場合」デメリットしかない。

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

f:id:dotama-kotoba:20200119185918p:plain

 僕はとにかく人と比較していた

何を隠そう、この僕がとにかく人と自分を比較していた。

暇さえあれば比較して自分で勝手にネガティブの穴に落ちるような感じだ。

比較する内容もいろいろあって、具体的にあげるなら、、

  • 相手は仕事をしているのに、僕はまだ定職についていない。
  • 相手は毎日たくさんの人に囲まれているのに、僕はそうじゃない。
  • 相手は細かいことを気にしないのに、僕は細かいことを気にしてしまう。
  • 相手は何も考えず人生をシンプルに楽しんでいるのに、僕は深く考えすぎてしまうせいで人生を全然楽しめない。
  • 相手は幸せそうで、僕はそうじゃない。

まだまだ書き出せばあるけれど、ざっとこんな感じ。

僕はどちらかというと、お金や仕事などの具体性をもったものよりも、「幸福か不幸か」や「楽観か慎重か」などのように抽象的なもので人と比較する傾向が強いようだ。

 

わかっちゃいるけれど、比べることには何のメリットもない

本当にそのとおりで、比べることにメリットなんてありゃしない。

なぜなら、自分をいたずらに傷つけ、自分のやる気をそぎ、比べたところで相手の状況が変わるわけでも全くない。

 

それに僕の場合の、抽象的なことに対する比較なんてほぼすべて単なる思い込み

にすぎない。

そもそも相手を幸せそうだと思うのも自分だし、

自分が不幸だと思うのも自分だ。

相手が楽観的で、自分はそうじゃないって判断をするのも自分なんだ。

結局これらのことは全部自分でそう思い込んでいるにすぎないんだ。

 

もしかしたらその比較している相手は全然幸せなんかじゃなくて、人といるときは幸せそうにふるまっているだけかもしれない。

逆に不幸そうな人を自分を比べ悦に入っていたとしても、その人自身はものすごく幸福を感じているのかもしれない。

そんなことは「自分」と「他者」という構図がある限り、「自分」には決してわからないんだ。

 

比べてしまう大きな要因は「不安」

それなのになぜ僕は(人は)人と比べてしまうのか。

それはやっぱり「不安」からくるものだと僕は考える。

人は、とくくりを広くしすぎてしまうと話を続けるのが困難になってくるので、ここは僕を例として話していきます。

 

僕は一人で、だれとも比較せず生きていく、というのはとても孤独でとてもものさみしく、そしてとても不安を感じる。

なぜ比較しなければ、不安を感じるのか、と聞かれたら、「人間ってのはそういう生き物なんだよ」と答えるしか僕にはできない。

 

僕はどんな形であれ人とつながっていたいんだなと感じている。

つながりってのは考えだすと、どういう類のものか僕にはよくわからない。わからないからこそ、どんな形であれ人がかかわっていることに興味が向いてしまうんだろう。

とくに人と比較するのは、「家で一人でいて外に出ても買い物に行くくらいで、人ときちんと関わっていない」ときに起こる。

こんなときは、どんどん不安になってきて、「比べる」という形でもって人とのつながりを感じたいんだろうなと僕は考えている。

だから逆に言えば、人と本当に楽しくかかわっているときは比べるなんてことは頭にない。

 

でもやっぱり、不安からこようがどうだろう、「人と比べる」ってのはデメリットばかりだと思う。

人と比べるよりも、「自分は自分だからね」と生きていけるほうが間違いなく人生は楽しいし、幸せにもなれると思う。

 

とはいえ「人と比べること」にも少しのメリットはある

人と比べることにも少しのメリットはある。

それは「自分のモチベーションをあげることができる」ということ。

 

勉強でも、仕事でも、ゲームでもなんでも誰かと比べ競い合うからこそやる気が出てモチベーションがあがり、もっと頑張ろう、となることはだれしも経験があると思う。

実際僕もブログとYouTube毎日更新ってのも、あこがれにしている人と「比べて」毎日更新が大切なんだなとわかったわけだし。

 

最後は自分で選択すること

まとめるなら、タイトルにある通り、

「人と比べることはデメリットがほとんど。しかし時にメリットもる。」

 

これの使い分けを自分でできるようになれば、

この比較はメリットないからやめよう、

この比較は自分のモチベーションにつながるな、

という風にかなり人と比較することでの悩みは減ると思う。

 

もちろんそんな簡単なことではないけれど、僕は少しずつできるようになってきた。

 

人生、楽に生きるのが一番!

 

今日も皆様の一日が良き日となりますように!

ではまた!

 

 

 

ひきこもりだっていろんなひきこもりがいるんだぜ

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です^^

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20200118035114j:plain

 

 僕は世間的には「明るい人間」

現在、居場所づくりやら、就労支援やらで、ありがたいことにたくさんの人と関わらせてもらっているのですが、多くの人が僕の初対面での印象をありがたいことに「明るい人だね」と言ってくれます。

 

実際僕も人と接するときは「明るく振舞おう」となるだけ心掛けている節はありますが(たまにこれがつらくなる時もあります。)、基本的に自分でも「根は明るい」と思っています。

いや、明るいよりも、根の根はポジティブ、といった感じでしょうか。

 

死にたいときもしょっちゅうあるし、自分の無能さになげくこともしょっちゅうありますが、最終的に行きつくところは「死ぬわけじゃねえしな。いくらでも幸せになれるっちゃろ」ですね。

 

「明るい人間はひきこもらない」の思い込みによりずっと誤解されてきた

僕は高校2年の時からしばらくの間ひきこもっていました。

そして今現在そのときの経験や、そこで得たことなどを話す講演会を定期的に開催しているのですが、多くの方から「ひきこもっていたとは思えない」と言われます。

 

もちろん相手も本当にそう感じているからそう言っているってのはわかるんですけど、これもいわばひきこもりのイメージっていうステレオタイプが招いた誤解だよな、といつも感じます。

 

単刀直入にいうと、ひきこもりの姿なんてまさに千差万別です。

 

いや別に声を大にして言うほどのことでもないんですけど、ものすごく当たり前のことです。

人間なんですから明るくたってひきこもりになるし、ハイパー根暗な人がひきこもりとは一切無縁に生活してたり、そんなこと当たり前なんです。

 

「ひきこもり=部屋でうずくまって、髪ぼさぼさで、服はよれよれで・・・・」なんていうイメージは世間側が勝手に作り出したに過ぎないんですよね。

 

実際僕は深くかかわっていくと、「あ、やっぱりひきこもりっだったんだな」と理解してもらえます。現在活動で一緒にいる仲間たちは僕の暗い部分を知っているので僕が元ひきこもり、ということに首をかしげる人はいないでしょう。実際仲間の前では、会議はつらいからやめておく、飲み会は基本行かない、人が多いとこは嫌だ、などきちんと自分がつらいことを話しています。

 

ひきこもっている最中だって、僕は前半はまさに落ち込んで髪ぼさぼさ状態でしけたけど、後半はひきこもっている時間を自分のために使える時間と捉え読書やら、勉強やら今後のことのために使っていました。

そのときには髪だってきちんと切ってたし、外に行くときは身だしなみを気を付けるし、なんなら自分のわかる範囲内でおしゃれも楽しんでました。

 

 

芸能人でも元ひきこもりの人なんてたくさんいますよ?

僕の大好きな元ひきこもり芸人のよしもと所属のなだぎ武さんって方がいるんですが、R-12連覇してネタもめちゃくちゃ面白いし、おしゃべりだしで全然ひきこもりのイメージないですけど、僕よりもひきこもり度合いでいったらがっつりひきこもってますからね。

(ちなみになだぎさんのひきこもり経験が書かれた本を以下に紹介しておきます^^)

サナギ

サナギ

 

 

ひきこもりはこうでなければいけない、なんて絶対にない

僕今だから正直にいますけど、ひきこもり後半期は割と自分で毎日を楽しめるようにはなっていました。

本も読める、好きなことができる、ネットでひきこもり仲間とも話せる、今思えばあの時しっかり自分に正直になれてよかったなと思います。

 

しかし、このように書くと必ず出てくるのが「ひきこもりのくせに楽しんでじゃねえ!」

って意見なんですよね。

 

もうこれもぶっちゃけ言ってしまえば、「あなたに関係ない」んですよ。

自分は自分のタイミングで社会参加をし、生きる方法も自分で模索する。

もっというならネットがこれだけ発達してるんでひきこもったまま生計を立てている人もたくさんいるんで、ひきこもりでもそのまま仕事ができるんですよね(ちなみに僕はここを目指しています^^)

なんで月並みかもしれませんが、今ひきこもっててつらい思いをしている人は、「自分のペースで大丈夫」と言い聞かせてみてください。

 

そしてひきこもっている間は「自分がやりたかったこと」をぜひやってみてください。

ゲームを本気でやってみる、動画を見まくる、漫画をむさぼり読む、、部屋でできてかつ楽しめることはたくさんあります。

ただし、難しいかもしれませんが大切なのは「罪悪感を持たないこと」。

罪悪感を持ったところで本当に自分を傷つけてしまうだけなので、楽しむときは徹底的に楽しんだほうが心身ともに楽になります^^

これはまじです。僕も楽しむときは本気でゲームしてました^^

まずは知識として知ってほしい。

ここまで書いて、でもやはり「世間のひきこもりに対するイメージ」はとても強固でそう変わらないと思います。

ですんで、せめて知識の1つとして、ひきこもりの中にも根は明るい人がいる、毎日をこれからの将来のために自分なりに準備している人がいる、

ってことを知ってもらいたいです。

 

それだけで、僕含めお、似たような境遇にあるひきこもり、元ひきこもりの人は心がかなり楽になるかと思います。

 

ひきこもりについての記事は今後とも書いていく予定なのでまたよろしくお願いします。

 

今日も皆様の一日が良き日となりますように^^

ではまた!

散歩は最高!!

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

f:id:dotama-kotoba:20200117085428j:plain

 

散歩ばかりしてる

皆さんは普段散歩しますか?

僕はしゅっちゅう散歩してます。

理由をあげるなら、一つは「何もすることがない日とりあえず体を動かそうと思ったら散歩が手っ取り早いから」ですね。

 

何も予定のない休日は、昼過ぎから夕方まで寝て、そのまま家にいると体が重くなっちゃうんでとりあえず外に出て歩きます。

近くのスーパーか、少し遠いスーパーか。それか近くのレンタルビデオショップまで行って、DVD借りるとか。

 

歩くことが好きだ

実際散歩をすることに科学的効果がどれくらいあって、健康にもどのくらいいい影響があるか、なんて細かいことはわかりませんが、僕自身とかく散歩が大好きなんですね^^

 

僕はADHDASDのハイブリッド型タイプの発達さんなんで、常に頭の中がぐちゃぐちゃしているわけですよ。

そうなるとそれをなんとかまとめたいとするのが人間の本能なのでしょう。

部屋にいるときでもとりあえず、「考えるな~」や「落ち着け~」っていうんですけどそれほど効果がなかったり。

そんなときバッと外に出て散歩でもすると、体を動かすことに意識が向くのか、すっと落ち着いてくるんですよね。

 

誰の言葉かは忘れてしまいましたが、誰かが「散歩は歩く座禅だ」と言っていました。

すごくいい例えだなと思いましたね。歩く座禅。

僕座禅はできないんですよ。というのも、じ~~っとしているとADHDが大暴走を起こして、頭も体も多動状態になってしまうんで。

その点散歩は、体を動かすんで座禅より集中することができる。

いいですね^^

 

どんなところを歩くと気持ちいいか

僕が普段散歩してこういうとこ散歩するの気持ちいいな、と感じるところをご紹介します。

①海沿いの開けた道

f:id:dotama-kotoba:20200117090839j:plain

海沿いを海風(浜風?)にあたりながらゆっくりと歩くのはとても気持ちがいいですね^^

我が福岡市はすぐ近くに海があるので、すぐに海まで行けて散歩することができるのはとても大きなメリットだなと思いますね。

 自転車で走るのもとても気持ちがよさそうですね^^!

 

②自然の中を歩く

f:id:dotama-kotoba:20200117092409j:plain

散歩の大定番ですね^^

大定番とはいえやっぱり自然の中を歩くのは気持ちがいいです!

 

写真のような大自然じゃなくても街中の公園を歩いているだけでも心休まるんで僕は就労終わりとかいつも電車で帰っているんですが、ふらっと道路沿いの並木道をあるいて一駅分歩いたりなんてのもしてます。

 

ちなみに僕のYouTubeチャンネルでは発達障害が田舎に住むといい理由のなかに自然の中を散歩できるからってのをあげています^^

よろしければ是非ご覧ください!


発達障害の人が田舎に住むといい4つの理由

 

③街中

f:id:dotama-kotoba:20200117191530j:plain

 

おすすめで街中というのも変な話ですが、

普通に「街中」散歩するのも悪くないです笑

こうなると、やっぱり僕は、「散歩する」ってことそのものが好きなんだなと改めて思いますね^^

 

皆さんもぜひ散歩を日々の毎日に取り入れてみてはいかがでしょうか^^

 

今日も皆様の一日が良き日となりますように!!

 

ではまた!!

ああ、人見知り・・!!

おはようございます!

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20200116131218p:plain

 

 とにかく人見知り

僕はとにかく人見知りだ。

とにもかくにも、何を隠そう、十中八九(いや十中十十)人見知りだ。

 

よく「人前でも話せて、はきはきと話すのに人見知り!?」と言われるが、人見知りだ。

 

以下僕の人生のバイブルの一冊オードリー若林正恭著『社会人大学 人見知り学部 卒業見込み』から一部引用してみた。

 人嫌いと人見知りは違う。本当は人に近づきたい、でも近づいて嫌われたくないという自意識過剰な人が人見知りになる。人見知りの人は周りに人が少ないから孤独感を勝手に抱き始める。そうなると誰かに理解して承認してもらいたくなる。承認欲求が芽生えると表現なんぞを始める。だから、意外と重度の人見知りこそいけしゃあしゃあと人前に出て表現したりするものなのだ。

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
 

 

そう!まさにそう!

 

人見知りと人嫌いは違う!!

自分をわかってほしい、理解してほしいと切に願っているからこそ、人前にいけしゃあしゃあと立てるんだ。(特に僕はそうだ。)

 

人見知り界での王オードリー若林さん、さすが格が違うぜ。

 

実際人と話すときどうなるのか。

 実際人と話すとき、とくに初対面の人と話すときなんかはとにかく緊張する。

 

まず相手の目が見れない。

これは何も異性だけじゃなく、同性でもそう。

老若男女関係なく、緊張して話すと相手の目が見れない。

ずっと下を向いている。

 

とある本に「相手の目が見れないときは、相手の鼻を見るといい」と書いてあり試してみたところ、今度は「相手に鼻を見ているな」と気づかれて変な印象を抱かせないだろうか、と今度はそっちのほうが気になってしまった。

 

緊張する理由の大きな原因としては、「何を話していいかわからない」ってことだ。

僕は発達障害の特性として、ASDってのがあって、これがかなり強めなタイプである。で、ASDが強いってのは言い換えるとこだわりが強いってなもんで、まあこれがやっかいなわけだ。

僕は自分の興味のある話しか、話すことができないし、聞くこともできない。

 なんとも不便である。

「聞くこと」ってのはもちろん「音を聞くことはできる」けど、返答が、「ほう、なるほど、すごいですね」中川家の漫才で使われていたこの3つのフレーズしか出てこない。(中川家のたとえ伝われ)

時には頑張って、自分なりの感想を言ってみるもどこか的を外しているのか、相手はいつもあいまいな顔をしている。

人が怖い。

特性の影響か。とにかく僕は子どものころから怒られてきた。

○○してはダメ。○○しなさい。

なんどもなんども言われてきた。

 

今でも仕事などで、「それはよくないですね」なんて言われると、それだけでものすごく落ち込む。

 

大したことはない。そう頭ではわかってるんだ。相手も僕を苦しめたいわけじゃないし、そもそも怒ってすらない。

でもそれでも。僕は人と関わりたい。

それでも僕は人が嫌いじゃない。ただ苦手なだけなんだ。

ひきこもり経験、ほとんど友達のいなかった大学時代、これらを通して、僕は

「ああ、ずっと人と関わりたかったんだな。でもその方法をずっと知らなかったんだな」ってことに気づいた。

 

今は僕は初対面の人にもなるべくすぐに「僕超絶人見知りなんで」ということをカミングアウトしている。

そっちのほうがこっちの気が楽だし、相手もわかったうえでの対応が取れる。

 

どうやって人と良好な関係を築けるのか、いやそもそも僕にとっての良好な関係とはなんなのか、そんなのまだまだわからないけれど、僕が人と関係を持つことに「希望を持っていること」は確かだ。

 

希望、というか楽観的というか詳しくはなんというのかわからないけれど、「苦手でもある程度は慣れでなんとかなるよ~」くらいには構えている。

 

最近就労でも少しずつ人と話せるようにはなってきた。

天気の話、髪切った話、病院に行った話、世間話をできるってのはものすごく人間関係を築いていくのに必須なツールだったんだな。

 

人とたくさん話したあとは夜になってもさほど不安が襲ってこない。

やっぱり人は一人では生きていけない。

 

人見知りのテーマは結構書きたいことがあるのでまた書きます。

 

今日も皆様の一日が良き日となりますように^^

ではまた!!

 

 

 

中途覚醒時の対策法

おはようございます!

こんにちは^^こんばんは^^

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

f:id:dotama-kotoba:20200115163319p:plain

 

 

しょっちゅう中途覚醒

僕しょっちゅう中途覚醒するんですよ。

ペースで言うと週2~3のペースで中途覚醒してますね。

これだけ中途覚醒してると、もはや治そうと思うより、こいつと共存していったほうが楽なのではないかと思いました。

 

僕の昼夜逆転と同じ理屈ですよね。

昼夜逆転はもう治らない。それなら昼夜逆転にあわせたライフスタイルを築いていこう、ってな感じです。

(以下 昼夜逆転のことについて書いた記事です^^)
www.dotama-kotoba.com

具体的な対策①起きる

僕の思う最良の方法は「もう起きてしまう」ですね。

中途覚醒してしまうと、もはや次眠れないので、一度起きます。

で作業するなり、家事するなりして、また眠気が戻ってきたら眠ります。眠気がこなければそのまま起きています。

このスタイルは割と効果的で、大体起きてなにかしていたら眠たくなるので。

 

それよりも、意識的に避けているのが、眠れずにもんもんとしてベッドの中でネガティブなことを考えることです。

さっさと起きて作業しているほうが、ベッドの中で眠れずにいやな気分になることよりよっぽどメンタルにいいんで。

 

要は中途覚醒した夜にどれだけネガティブにならずにいられるかってことですね。

 

以下具体的な対策は起きてることを前提として書いていきます。

 

具体的な対策②読書

やはり一人で黙々とするといえば、定番の読書!

これは外せませんね^^

読むとするならあまり難しい本ではなく、割と気楽に読めて、かつ没頭できるような本がおすすめです^^

 

僕は中途覚醒した時は、ルポや世界で起こってることに関する本など、抽象的なことではなく具体的なことが書かれた本を読むようにしてます。

 

具体的な対策③映画を見る

映画もおすすめです^^

ただし見るときは大きな画面で。ついついアマゾンプライムなどをスマホで見てしまうと、中途覚醒状態の時にスマホを凝視してしまうと、ものすごく目が疲れるんで、見るとするならテレビやパソコンの大きな画面で見ることをお勧めします^^

 

中途覚醒時に見るおすすめジャンルは、ドキュメンタリー系ですね。SFやアクション、ラブロマンスなどもいいんですが、ハラハラドキドキしちゃうと僕は余計疲れてしまうんで。

さらりと見れて、内容のあるものがいいですね^^

 

具体的な対策④ゲーム

あまりおすすではないですが、僕自身が結構やってるので取り上げました。

どうしてもゲームをしてしまうと、目を酷使しちゃうので、目が疲れてしまうんです。

ただ思いっきり矛盾はしてますが、そうはいっても夜の静かな時間に真剣にやるポケモン対戦は面白いんです!!

夜の静かな時間だからこそ思いっきり集中できるってのがあって、だからこそ夜のほうが対戦も面白いって感じです^^

 

 

対策を4つあげましたが、おすすめ抜きに実際僕は何をしているときが多いかと考えたら、このブログを書いてますね笑

夜は集中できるんで、バーって書きあげちゃう感じです。

 

皆さんも自分の方法で中途覚醒を対処してみてください^^

 

今日も皆様の一日がよい日となりますように^^

ではまた!

 

 

 

 

 

 

本日ひきこもり講演会!!@福岡市あすみん

おはようございます!

tigubaguこと桂木大輝です^^!

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20200115214156j:plain

 

いよいよ本日ひきこもり講演会です!

 

僕以外には同じひきこもり経験者の方も話します!

 

以下講演会の詳細です^^

 

ひきこもり経験やそこから学んだことなどを話します!

 

講演会「ひきこもり経験者の声を聴く」

日時:1月17日(金)14:00~16:30

場所:あすみん(福岡市中央区今泉1丁目19番22号天神クラス4階)

定員:48名

参加費:会員無料、一般500円

申し込み:先着順予約不要

 

皆様とお会いできることを楽しみにしています!!

 

ではまた!

 

 

 

 

ゲーム実況機材との苦悩

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

おはこんばんにちは。

tigubaguこと、桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20200114190152j:plain

 

ことのいきさつ

僕このブログ以外にもう一つYouTubeのチャンネルを持ってまして、そこでほぼほぼ毎日動画を更新しています。(いかにリンク貼っておきます。)


楽に生きよう~正しさを求めない生き方~

 

そして僕はずっとポケモンのゲーム実況をやりたい!!」と思っていました。

 

ポケモンにはまったのがYouTubeでゲーム実況の動画を見たのがきっかけだったので、いつか僕もやってみたいとずっと思っていました。

 

そしてついに実況するために必要な機材を買ったのですが、、、

 

なぜかうまく実況できない!!!!

 

なんで?

きちんと接続も確認した!

ソフトだってインストロールした!

設定もきちんと説明書通りやっている!

 

それなのになぜ音が出ない?

なぜマイクの音を拾わない??

なんで??なんで??なんで??

 

実況機材の中ではお金がない中での購入だったのでかなり安いものを買ったけれど、でもそれでこんなことになる!?

なぜ!?

 

こういうメカ系と向き合うとよかったためしがない僕

とはいえ、僕はもともとこのようなメカ系を購入していざセッティング、ってなるととことんうまくいかないことが多いのだ。

 

忘れもしない。いまからおよそ10年前。

実家にはずっとWi-Fiが通っていなかった。

だから僕がお年玉で、有線でも無線に変えられる、(USBメモリーみたいな)ものを買って、いきようようとパソコンでセッティングしたのですが、、、

 

これが、まあうまくいかなかった!!

 

あげくカスタマーセンターに何度も電話して(子どもながらの勢いなのか、名前覚えられるくらいは電話した。)、なんとかWi-Fi開通させようとしたが無理だった。

 

当時ネットでも調べまくったが、どれを試しても無理だった。我が家だけ国からWi-Fiを禁止されているのかと本気で思った。

 

今回もそのときの感触ににている。

 

ネットでは、

○○したら、解決するはずです~、や

○○したらもう大丈夫!

 

みたいな記事がくさるほどあるけど、そのどれを試してみてもうまくいかない。

(なんなら記事の内容が難しくて僕にはそもそもわからない、ってのもあるがそこは置いておこう。)

 

今回も、僕は国から実況をするなと命じられているのかと、思いそうになった。(思ってはない)

 

こんなときこそ気楽に

ただ僕ももう、けつの青いガキではない。

できないことはできないと、割り切らなければ、できてるものまでできなくなってしまう。

おそらく今回の「実況できない事件」もメカのプロやパソコンのプロが見れば一目で原因がわかるのかもしれないが、それはそれだ。

僕はそうじゃない。そんなヤッターマンドロンジョ一味や両津勘吉のように実況機材の不具合なんてすぐに回復できる知能なんてあいにくもちあわせていない。

 

それならもうあとはなりゆきにまかせようじゃないか。

僕にとってはかなり高い買い物ではあったが、人生生きてりゃこんなこともある。

なに、ゲーム機本体が壊れたわけじゃない。

 

それにもしかしたら時間をあければできるかもしれない。

 

こんなときこそ落ち着いて日々をゆっくり歩いていきます。

 

今日も皆様の一日がよい日となりますように!

ではまた!

 

記事内画像元:photoBさんによる写真ACからの写真 

批判されたときは「他人や世間は批判するのが仕事」と思おう。

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

f:id:dotama-kotoba:20200113172605j:plain

 

批判、悪口を言う人はどこにでもいる

当たり前のことなんですが、批判や悪口を言う人も世界中どっこにでもいます。人間が複数人集まれば存在するといっていいくらいです。

 

僕もしょっちゅう影で悪口を言われてきました。

どうして性根のまがった人達は、陰で言いつつ聞こえるように話すんでしょうか。表立っていう勇気のないびびりなんだから、せめてこそこそ言っててくれよ、と思うのは僕だけでしょうか。

 

理由は様々あれど

嫉妬や羨望から影口を言っている人が僕の周りにもいて、そんなに言うなら自分もそうすればいいのに、と思っていました。

批判をする、悪口を言うのにもいろいろと理由はあるとは思いますが、多くの場合は「自分とは違う(自分には理解できない)他者」をよけものにする、って思考なのかなと僕は思っています。

 

関わっていると、精神が持たない

かつては僕も一つ一つ、批判されたことに対して気にしていました。しかしこれが本当につらいんですね。

相手に1回面と向かって「バカ」と言われることと、それを気にしてずーっと自分で「自分はバカなんだ」って思い続けるのとでは、圧倒的に後者のほうがダメージ量が多いのです。

 

よく「自分を傷つけるのは自分だ」と言われますがまさにその通りだと思います。そういう点で、批判悪口を言われても気にしない人は、自分で自分を傷つけるってことをしない人なんでしょうね。

 

僕の対処法

具体的に僕のとった対処法は、

「他人や世間は批判するのが仕事」と思う

ことでした。

 

批判、悪口を言われるたびに、「どうしてあの人はあんなこと言ったんだ!」、「自分の○○の部分が悪いにちがいない!」って思ってどんどん自分を傷つけるのはただただつらいだけです。

 

そんな時は理由探しや、自分の悪いとこ探しに走るのではなく、「他人や世間はこうやって批判したり、悪口言うのが仕事なんだよ。何もなくても言ってるよ。」のようにさらりと受け流すのがいいと思います。

 

まじで自分は自分のままでいいです

自分の○○がだめなとこなんだ~!

と思っている方は多いと思いますし、実際僕もこのような記事を書いてはいますけどそんなことしょっちゅう思います。

 

ですが、あなたはあなたのままでいいですよ。

ほんとに。

 

こんな見ず知らずの男に言われるのもしゃくかもしれませんが、実際そのまんまでいいんです。

しかしもちろんそのままでいて嫌ってくる人間はいるでしょう。ただそれと同時に今のあなたがいいと言ってくださる方もたくさんいます。

 

それに僕は人ってそんな簡単に変わる生き物じゃないと思ってるんで、変わろうと努力するのは自分のためにならないかぎりはやめておいたほうがいいと思います。

 

そうじゃなくて今の自分が嫌いなんだ!ってときは僕にもある

他人がどうこうじゃなく、「ただもう自分が嫌い!!」ってときもあると思います。

僕もこれもしょっちゅうあります。

ただこのことについては僕はいい意味で「あきらめて」ます。

 

無理なものは無理なんです。どうがんばったってわからないものはわからないし、できないものはできない。モヤモヤするものは多分今後もモヤモヤするだろうし、ビビりなところはビビりなままだと思います。

 

できないことはできないで、自分の欠点(僕は別にこれを欠点とも思っていないのですが、世間的にはこういったほうがしっくりくるのでしょうか)を見ないで、できることだけに力を注ぐ。

 

その際にこだわりや、プライドは不要です。

わからんことは、わからん!で切り捨てられるのも僕は強さだと思っています。

もうすこしでわかりそう、もう少しでもやもやが晴れそう、とず~っとべたべた触り続けていたらそれこそ自分の欠点から離れられません。

 

スパっときって、自分のできることに力を注ぐ。

 

これが大切だと思っています。

 

今日も皆様の一日がよい一日となりますように^^

ではまた!

 

記事内画像元:potecoさんによる写真ACからの写真

 

 

 

 

「気にしない」というのは「没頭すること」

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20200112181732p:plain

 

このブログでも何回か不安や恐怖について紹介してきました。

 

www.dotama-kotoba.com

www.dotama-kotoba.com

 

今回はその中でも発達障害のかたによくみられる、「いろいろなことが気になる」に焦点をあててブログを書いていこうと思います。

 

 

とにかく頭がいろんなものを気にしてしまう。

僕は発達障害のなかでもADHDASDどちらも兼ね備えているハイブリッド型です。

それゆえに、こだわりも強いし、すぐ意識がそっちに向いてしまう。「集中力」なんて言葉とは程遠いところに暮らしているわけです。

 

そしていろんな人に「僕集中力がないんです。いろいろなものが気になってしまって・・・」と相談すると、大体は「気にしないことだね」という返事が返ってきます。

 

気にしないってことがどういうことかわからない

仕事をしていても、いまやっている別のことが気になったらすぐにそちらを気にしてしまう。

寝るときも、不安や恐怖がおそってきたらすぐにそれに飛びつきずっと気にし続けてしまう。

 

こうなると、「あれ?気にしないってどういう状態だったっけ?」ってなるわけなんです。

 

自分で気にしない気にしない気にしないって言い聞かせても、それは逆効果でそれだけ言い聞かせているのだからむしろ気にしていることになります。

じゃあ「気にしない」ってどういうこと?

 

「気にしない」とは「没頭すること」

ずっと「気にしないとは何か」を考え続けていました。それに関する本もたくさん読みました。

 

そこで僕なりの出た結論としては、

「気にしない」とは「没頭すること」

というものです。

 

どういうことかというと、

気になることが頭の中に浮かんできてもそれを無視して今やっている作業を続けること、なんです。

 

「いや、それができねえから苦労してたんじゃねえのかよ!」という声が聞こえてきそうなので、もう少し説明すると、

今までの僕は気にしないっていうのを「心のある一つの状態」だと捉えていたんですね。それで、心の中から気にしていることが消え去るか、もやもやを解消しない限り僕は作業に集中できない、と思い込んでいたんですね。

 

しかし実際はそうではないんです。いろいろ本を読んだことも、自分で考えた結果わかったことでもあるんですが、心の中に気になることがあっても、それを無視して目の前の作業に没頭することはできるんです。

 

僕はこのことを自分なりの言葉で「心の中に触れない」という風に表現しています。

心の中がいくら荒れていようとも、目の前のやることをたんたんとこなしていく。

その時に、「あ、俺○○が気になっているな。どうしよう。やばい。こわい。」とその不安やモヤモヤに触れてはいけません。

「あ~、今気になっていることが顔をだしたな~」くらいであとは華麗にスルー

 

すること、没頭できることを見つけよう

「心の中の気になること」に触れないためにも、一日の中ですることや、没頭できることを見つけるのがいい解決策だと思います。

 

仕事をしている方はもちろん仕事を思いっきりこなすことで大体解決するとは思うんですが、一日の中でルーティン的にすることは決まってないっていう人もいると思います。

 

そんな方にはありきたりかもしれませんが、以下のこと毎日のルーティンに組み込み、それを「たんたんとこなして」ください。

  • 家事
  • 資格の勉強
  • 読書
  • 散歩
  • ランニング
  • ブログを書く(僕もやっています^^)
  • ゲーム
  • 料理を作る

大切なのは、毎日続けることたんたんとこなすこと、そうすると自然と心の中の気になっていたこととうまい折り合いがつけられるようになります。

 

最後に不安や恐怖、モヤモヤを抱えている人におすすめの本を一冊紹介したいと思います。

 

「不安とは頭の中の考えにすぎない」を主軸として不安とのふきあい方、取り除き方が書かれています。

よろしければぜひ読んでみてください^^

 

今日も皆様の一日がよい日となりますように^^

ではまた!

 

なぜ僕は昼夜逆転になるのか

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

おはこんばんにちは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

f:id:dotama-kotoba:20200111055606j:plain

 

ぶっちゃけいうと、僕は年がら年中「昼夜逆転状態」です。

 

詳しく書くなら朝起きる用事の時は起きるけど、すぐまた昼夜逆転に戻るって感じです。

 

ではなぜ僕はすぐに昼夜逆転になるのか。考えてみました。

 

無意識に昼を避けている

一つ目はこれですね。

もともとひきこもりで、今も人とかかわるのは超絶苦手です。

人前で話したり、自分の考えを発表したりっていうのは好きなんですが、人と密にコミュニケーションをとるっていうのがまじで苦手なんです。

それゆえか無意識に人を避けている気がしています。

お昼間はやっぱりどこも人がいるので、家にいても通りを歩く人の声が聞こえてきたりすると体にはストレスになっているのかもしれません。

 

さらに僕は今、就労支援に通ったり、居場所づくりの活動もしてはいますが、これといった仕事はしていません。

たぶんこのことも少しは原因としてあるんじゃないかなと思っています。

これに関しては仕事をするというよりも、僕がしっかりとお金を稼げるようになればかなり改善されると思っています。

 

もともと夜行性

これをいってしまえば元も子もないのですが、僕ねっからの夜行性なんですよ。それこそ幼稚園くらいのときからこうでした。

親曰く小さいときからとにかく夜は寝つきが悪かったとのことです。かと思えばお昼はになると爆睡してたんだとか。

だから僕は半ば昼夜逆転を治すことをあきらめてますね。

一生昼夜逆転な気がしてます。それゆえに昼夜逆転を治すのではなく、昼夜逆転でも生きていける生き方を模索したほうが効率的なんですよね。

プログラミングの就労支援に通っているのもプログラミングのスキルが身につけば、在宅でも十分に仕事ができますから昼夜逆転でも関係ないです。

 

夜が好き

僕自身結構夜が好きなんですよ。

もちろん晴れた日の朝もすごく好きなんですが、夜ってなんだか神秘的な感じがするじゃないですか。

夜中によく近くのコンビニに買い物に行くのですが、いつもの街並みが昼と夜とでは全然雰囲気が違うのでそこもまた新鮮で好きなんですよね。

ただ、夜はなにもしないとネガティブモンスターが襲ってくるので、なにかとやることで埋めていたほうがメンタルにはいいですね。

基本夜はゲームかDVDみるか、ブログ書くかしてます。

 

ざっとこんな感じでしょうか。

まあただ、2つ目に書いたように僕自身昼夜逆転で生きていこう

って半ば決めちゃってるのでもう治すもくそもないんですけどね。

 

とか思ってたら先日以下のような記事を見つけました。

business.nikkei.com

 

この記事の中に面白い一文があったのでそのまま引用してみます。

 

現在は私は、クライアントに「療養中は、眠くなったら寝る、起きられる時間に起きるような自由な生活」を推奨するようになり、自宅療養でよく見られる「昼夜逆転」もそのままで経過を見ていくようにしています。この方法を採るようになって、クライアントには特にマイナスの影響は認められませんし、それどころか、むしろ従来のやり方(朝起きて夜に眠る)よりもはるかに良好な経過をたどることが多いという手応えを得ています。

 これは驚きですね。驚いたと同時に自信にもなりましたね。

寝たいときに眠るでいいんだ!と。

僕は科学的にどうこういわれてることよりも、自分が生きやすいかどうかで生きる人間なんでこのようなコメントはうれしいですね^^

 

たぶん今日も夜は眠れないと思います。

(あ、でもお昼間とか、就労終わってからとか眠れるときはちゃんと寝てます!)

 

今日も皆様の一日が良き一日となりますように^^

ではまた!

 

記事内画像元:photoBさんによる写真ACからの写真