「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。tigubaguこと桂木大輝のブログへようこそ。発達障害当事者、ひきこもり経験者の僕が日々感じたことを徒然なるままにつづっていきます。読んでくだされば幸いです。

生きやすさの秘訣は「どうでもいい」と感じること!?

おはようございます^^

こんにちは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20200101214827j:plain

 

僕は生粋の「生きづらさ抱えてますよ人間」です。

 

抱えている理由はあげだしたらそれこそ無数にあるのですが、最も大きな原因は、

 

「自分で自分を苦しめている」

 

ということです。

 

なぜ苦しめるのか、とさらに問えば

・完璧主義

・~すべき思考

・人に変な人だと思われたくない

 

などがあげられます。

 

自分で自分を苦しめるのは本当に辛いことです。

なぜなら、「自分」はどこまでもついて回るからです。(当たり前ですけどね)

 

例えば、自分の悪口を言う他人とは物理的な距離をとればそれ以上悪口を言われることはなくなります。

しかし自分ならどうでしょうか。

自分で自分に「俺は○○で何てダメなやつなんだ」といいつづけてると逃げ場がありませんからただただ傷ついていくだけです。

たとえ他人から悪口を言われたとしても、その悪口を本当の意味で自分に言い聞かせてるのは「自分」なんです。

悪口を言われてもまったく気にしない人っていうのはここの「自分で自分に悪口を言うこと」を決してしない人、なんだと思います。

 

自分で自分を苦しめる癖のついている僕がここ最近読んだ本の中でいいなと思う本があったので紹介します。

 

クレア・ウィークス著『不安のメカニズム』筑摩書房

 

この本によると、人が不安を感じるのは単に心が疲れているから

そして不安が恐怖を伴い神経症として発症した際には大きく2つのパターンがあるといいます。

それは、単純型神経症複雑型神経症

詳しい内容はここでは触れませんが、これら2つの神経症の治し方は以下4ステップ

①真正面から取り組む

②受け入れる

③浮かんで通り過ぎる

④時がたつのに任せる

 

そしてこの本の目指すところ(この部分に僕が感銘を受けたのですが)です。

(以下本書よりそのまま引用)

 

自分が「考えたくない」と思っていることが頭に浮かんでも、それと戦うことで追い出そうとするのは間違いです。そんな考えが頭に浮かんできても、身構えずに、浮かぶままにしておきましょう。

そしてたとえ自分がどんなに大きなショックを感じるほどの考えでも、ありのままに見つめましょう。どんなにインパクトがあろうとそれは単に頭の中にある「考え」にすぎません。

(中略)

心を乱す考えを、過激な反応や恐怖を伴わない「単なる考え」に変えるためには、受け入れることとと、その考えを抱えながらも前に進み続けることが必要です。この2つを実践し続け、恐怖が減れば、それまで抵抗しがたく思えていた考えが、「もうどうでもいいこと」に変わります。目標は忘れることではなくて、もうどうでもいいことにしてしまうことです。

 

僕はおそらく完璧主義そのものを治すことは難しいんじゃないかと思っています。

 

しかしその完璧主義の気持ちが心の中で現れてもそいつをどう対処するかはいくらでも変えることができます。

 

完璧主義思考が襲ってきたときに、

「うわああああ、完璧にしなきゃしなきゃ!」とするのか、

「(完璧主義思考に)触れない触れない。浮かんで通り過ぎる。必ずどうでもいいってなるから」

 

とするかは後天的に選択できることだと思います。

 

そしてタイトルにある通り「生きやすさの秘訣は「どうでもいい」と感じること」だと思っています。

 

皆様の今日が良き一日となりますように^^

ではまた!

服を何着ていいかわかんないから適当に着てる、で服を断捨離できない、ってな話。

おはようございます^^

こんにちは^^

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20191231210940p:plain

 

皆さんは朝起きて今日一日どんな服を着るかって結構迷ったりしますか?

 

僕、基本迷わないんですよ。

 

って聞くと、「おしゃれがわかってるのか!すごい!」と思われるかもしれませんがそうではなく、まったくの逆で、

 

まったくわからないからどうでもよくなり適当、になってしまったってことなんです。

 

僕の毎日の基本にある用事としては就労支援があるのですが、

就労に行く際の僕の格好は、、

 

・上はヒートテックの上にカッターシャツ

・下は防寒用タイツの上にGパン

・あったかいでかめのジャンパー?アウター?を羽織る

 

って感じです。

 

はたから見ればおっさん感

が半端ないのですが、地下鉄乗って就労行くだけなんでこれでいいかと思ってしまいます。

 

で、このように基本の服装のスタイルが定まってくると、着る服、着ない服がはっきりわかれてくるんですね。

僕の家、自分では結構断捨離して捨てたと思っていたのですが、まだまだ着もしない服が腐るほどあるんですよね・・・・

 

ここで僕の特性ゆえの困難「掃除できない!片付けできない!」が襲ってくるわけなんです!!

(掃除できないつらさ、片付けできないつらさ、は僕のYouTubeで動画をあげましたので是非見てみてください^^)


僕が発達障害ゆえの日常で感じるつらさ~part8~ 片付けできない!!掃除ができない!!

 

 

服の場合だと、

「これ最近は全く気ないけど、いつか着るかもしれないしなぁ。」って思ってしまうんです!!

(断捨離できない人の多くが、この「いつか~かもしれないし」に縛られている気がします。)

 

 

発達さんのなかでも服の断捨離できずに困っているという方絶対いると思うんですよね。

 

僕もその気持ち痛いほどわかります!!

 

 

まとめると、、、、

 

①何の服着ていいかわからずに、服屋に買い物に行く。

②何着ればいいかわからないから、適当に買ってしまう。

③結局何着ればいいかわからないから、毎日着る服がルーティン化し、着ない服が大量に出てくる。

発達障害の特性ゆえ着ない服の断捨離ができない(断捨離しづらい。)

⑤どんどん部屋が服であふれかえり、汚部屋となってしまう。。

 

上のプロセスを見てもわかる通り、、原因は、、

 

「どんな服を着ればいいかわからないこと!!」

 

これです!!

 

はは~ん!ついにわかったぞ!!

よし!じゃあ今からどんな服が俺に似合うか徹底検証してやるぜ!!!!!

これで部屋が服であふれかえることもなくなる!!おしゃれにもなれる!!一石二鳥だぜ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは、ならず今日もいつもと同じ服を着て就労にでかけるtigubaguでした。

 

今日も良き日に!

では^^!

 

 

僕の思う「哲学とは」を書いていく

おはようございます^^

こんにちは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20191230215925p:plain

 

皆さんは「哲学」ときくと何をお思いになりますか?

 

ありがたいお言葉。

難しい考え。

その人自身の考え方。

 

それこそ「哲学」とは何かの答えなんて人の数だけあるといってもいいと思います。

 

では僕は「哲学」がどのようなものか、と考えているかというと、それは、

 

「自分が疑問に思ったことを、自分の頭であれこれと(悩み)考えていく営み、作業」

だと考えています。

 

決して、ウィトゲンシュタインはこういった、とかニーチェはこう考えたとか過去の哲学者の言葉を暗記することでも、その考えを理解しようと努めることでもありません。

 

哲学は、ただ自分が疑問に思ったことを自分で考えていく営みなのです。

 

よく哲学書は難しいといわれますが、そりゃそうですよ。

だって過去の哲学者たちも自分の疑問を自分の言葉でつづったものが哲学書なんですから、そもそもその疑問を持たなかった他人に伝わるわけがないんですよね。

 

自分の疑問を少しでも解決に向かわせようとするときに、他人の哲学書から力やアイデアを借りることはあっても、その哲学書本来を「研究する」っていうのは僕はもはや「哲学ではない別の何か」だと思っています。

 

僕はかつて学校に通っていたころ、他人が全く疑問に思わないところばかりに疑問を持ってしまいその疑問を全く周りに理解されなかったです。

👇以下過去記事に僕がどのようなことを考えていたかをざっくりまとめているんでよろしければ読んでみてください^^

 

 

www.dotama-kotoba.com

 

 

www.dotama-kotoba.com

 

 

とはいえ、僕やっぱり考えすぎて心身ともに体がボロボロになってしまう経験を何度もしてるので、「疑問を持つことはいいことだあ!だからとにかく考えろー!!」

とは言えないですね。

 

大切なのは、自分が考えたいことは考えて、考えたくないことは考えないし気にしない、これだと思います。

 

ちょっと今回は支離滅裂な文章になってしまいましたが、言いたいことは、

僕にとっての哲学は、

「自分が疑問に思ったことを、自分の頭であれこれと(悩み)考えていく営み、作業」

ってことをただこの場で伝えたかったのです。

 

では皆様、今日も良い一日を^^

では!

 

あけましておめでとうございます!

おはようございます^^こんにちは・

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20191230174242j:plain

 

あけましておめでとうございます!!

 

あけましたよ!あけましたね!あけないものかと思っていましたがあけるものなんですね!

 

いよいよ2020年です!

 

今年は日本は何よりも「東京オリンピック」がありますからね^^

下手すりゃ21世紀最大の盛り上がりをみせるんじゃないのかと勝手に思っています。

 

昨年の日本でのラグビーワールドカップですらかなりの盛り上がりでしたから、今回それを優に超えるくらいの盛り上がりだと思います!!

 

我が福岡の芸人博多華丸さんが「東京オリンピックは福岡で見る」とおっしゃっていたのでぜひ福岡県民ともども一緒に見ましょう^^

 

 

さてさて、日本の盛り上がりはぜひとも楽しむとして、

今年の僕tigubaguこと桂木大輝の抱負は、

 

「楽観して、楽しく、楽に生きる!」

 

僕は自分で自分を縛り、苦しめてしまう傾向があります。

これは発達障害ゆえなのか、もともとの性格のゆえなのか厳密なことろはわかりませんが、とにかくあります。

 

そして、自分で自分を縛って生きるのは本当に苦しいし、本当に生きづらいのです。

当たり前ですが、そんな状態だと人生が全く楽しくない。

 

よく世間では「楽と楽しい感じは同じだけど、楽だから楽しいってわけじゃないからね。苦しくて大変だけど楽しい、やりがいがあるってこともあるからね。」

 

と言われますが、僕の場合これは全く当てはまらなくて、

「楽と楽しいは最初一緒。そして最初楽なものにどんどんのめりこんでいって大変なところまでいくとそれはそのまま楽しいまま」(伝わるかな💦)

なんですね。

 

最初の入口は楽で簡単なものじゃないと僕は一向に楽しさを感じることができないんです。

 

そしてもっというと、気持ちのほうは常に「楽に、楽観的に」じゃないとどれだけ簡単なものでも難しく考えてしまい、一向に楽しむことができない。

 

そのくらい僕は24年間生きてきて、気持ちの楽観性は楽しく生きるためには必要不可欠だと考えます。

 

 

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)

 

 

↑の書籍には、幸せを感じる指標はいろいろとあれど、「私は楽観的である」にチェックを付けた人はほかの指標が低くても幸せを感じている、ということが明らかになっています。

(ほかの指標には、「お金持ちだ」、「友人が多い」などがありました。)

 

だからこそ今年は最初に抱負として掲げました。

改めて書きます。今年の抱負は、

 

「楽観して、楽しく、楽に生きる!」

 

そしてもう一つ。今年の具体的な目標は次の通りです!^^

 

①ブログ毎日更新!

YouTube(ほぼほぼ)毎日更新!

③必ず外国1か国以上旅をする!

 

この3本で生きたいと思います!

 

皆様、今年もtigubaguこと桂木大輝をなにとぞよろしくおねがいします!!

 

ではまた!

 

ps.

tigubaguYouTubeチャンネル「tigubagu ch」

チャンネル登録&高評価よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCYkj5gBTmfg3dKcBlK9RG0w

 

今年もありがとうございました!来年もよろしくお願いします!

おはようございます^^こんにちは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20191229155258p:plain

いよいよ今日で2019年も終わりです!

2019年、振り返ってみると、いろいろありました。

それは僕にとってもそうだし、世間側でもそうだし。

24年間生きてきて一番密度の濃い一年間だったと思います。

 

何よりも、元号が変わる節目」年ってのが人生初だったので新鮮でした^^

(1995年生まれです)

 

自分のこととしては、

一番大きいのは、今所属している『居場所~特性を生かす道~』の活動を本格的に始めたことですね^^

 

そこからたくさんの人と知り合えましたし、少しずつではありますが、自分の表現したいことを表現できる場を与えてもらえるようにもなりました。

 

活動の中身を具体的に見ていくと、、

 

・当事者会運営を一年フルで行えた^^

・講演会を3回行えた^^

・大好きなコントをたくさん披露させてもらえた^^

 

居場所~特性を生かす道~以外の活動でも、、

・KHJ(全国ひきこもり家族連合会)のピアサポート養成研修に行った

・ひきこもり関連の講演会をいくつか聞きに行った

 

などもしましたね^^

 

ほかには、、、

まさに今書いている、

・ブログを本格的に始めた のと

YouTubeを始めた

 

この2つも特に自分にとって大きなことですね!

来年もずっと続けていきますのでなにとぞよろしくお願いします!

 

 

今回はこのくらいにして、

来年の意気込み、抱負等は明日の記事にて書いていきたいと思います。

 

それでは皆様!

よいお年を!

来年もtigubaguこと桂木大輝をよろしくね!^^

 

ひきこもっていた時にやっててよかったこと ~part2~

おはようございます^^こんにちは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20191228160606p:plain

 

今回は前回の「ひきこもっていた時にやっててよかったこと ~part1~」の続きです。

 

www.dotama-kotoba.com

 (↑前回のpart1の記事です。)

 

part1では3つ紹介しました。

今回のpart2では2つ紹介したいと思います。

④絵を描く

4つ目は「絵を描くこと」

part1にもあった「自分の考えを紙に書く」と通ずるところもあるのですが、絵であれ、文字であれ自分の気持ちを表現することが大切なんです。

 

ここでもポイントとしては、「自分の思うがまま、手が勝手に動くままに絵を描くこと」です。

 

ひきこもっているときの自分のどろどろした気持ち、何をどう感じているのかもわからない気持ちをどんどんデトックスして吐き出していくイメージです。

 

僕は色鉛筆を使って、いらない裏紙とかにぐわああああって書きなぐっていたのですが、これも本当に効果抜群でした!

 

これをしていると、自分はどんな色を使って描いているときがより落ち着いているだろうか何の色を見ているときが落ち着くのか、ってことがわかってくると思います。

 

もう一度言います。

文字であれ、絵であれ、自分の気持ちを外に表現する、ということが大切です。

 

⑤寝る

やってよかったなと思う最後5番目は「寝る」ことです。

 

僕はひきこもっているときにひたすら寝ました。ただただ寝ました。

 

外に出れずにひきこもっているということは、それだけ体が「休み」を必要としていることなんです。

 

さぼっちゃだめだ!休んじゃだめだ!と思ってきちんと眠れない、という人も多いみたいですが(僕もはじめはそうでした。)、

 

堂々と眠っていいんです。そのくらい体が疲れているということなんです。

 

それに休む時にしっかりと休んだほうが回復のスピードも段違いに変わってきます。

 

それに眠れるっていうのは才能でもあるんじゃないかなとここ最近思うんです。

ここ最近僕あまり夜眠れなくてなかなか疲れの取れない日々が続いています。

 

ひきこもってたときは15,6時間なんてざらに眠っていたのに。。。。

 

逆説的ではあるかもしれませんが眠れることも才能の一つとして誇れるくらいがちょうどいいのかもしれません^^

僕もまたぐっすり眠れるようになりたい!!

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

part1,2併せて5つの「ひきこもっていた時にやっていてよかったこと」を紹介しました。

 

もちろんこれらは僕tigubaguの経験に基づくものであるのでもしかしたら合わないという方もおいらっしゃるかもしれません。

決して正解は一つではないので皆様に合うひきこもっているときの過ごし方も見つけていただければなと思います。

 

それでは今日一日もなにとぞよろしくお願いします!

ではまた!

 

 

ひきこもっていた時にやっててよかったこと ~part1~

おはようございます^^こんにちは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20191227172333j:plain

 

このブログの紹介文にもある通り、僕は16歳の終わりころから2年ほどひきこもっていました。

そのとき、部屋の中でやってたことでやっててよかったなと思うことを今回の記事と次回の記事の2つにわけて書いていきたいと思います。

 

今回part1では紹介していきます。

 ①読書

ダントツでやってよかったと思うのは読書ですね。

これは完全に僕の持論なんですが、「学校行っていやいや勉強するよりも、自分の読みたい本をひたすら読みまくる」のほうが将来的なスキルの付き方、人間性の養われ方が段違いに違ってくると思います。

 

僕の場合、読書をはじめたきっかけは「不安」からだったんですよ。

ひきこもっていると、社会と隔絶されているわけですから周りの人達がどのように考え、どのような生活を送っているのかがわからなくなってくるんですよね。

そしてもっといくと、この世の中でもっとも異常でおかしいのは俺なんだ、俺はおかしい人間なんだ、とどんどん負のスパイラルへと陥ってしまう。

 

そこで本の登場です。本を読むことにより、「人間というのはどういう生き物か」、「社会生活はどのようにして成り立っているのか」など、もちろん疑似的ではありますが、人間について、社会について知ることができたんです。

そうなると完全にというわけではありませんが、不安がどんどん小さくなっていくのを感じたんです。

今はネット環境さえあれば本が手に入る時代ですから、利用しない手はないと思います。

 

しかしこのように書くと必ず「なんの本を読めばいいの?」

と聞かれるのでお答えします。

 

結論、「どんな本でもいい」です。

自分がこれ読みたいなと直感で思ったらそれをぜひ読んでみてください。

小説、評論、随筆、エッセイ、、どんな本であれ、自分以外の他者の存在に触れる読書という営みからは必ず得るものがあると断言します。

 

それでも何も読みたいものがない、という方は以下に僕tigubaguが読んでよかったなと思う本のリンクをいくつかあげておきますのでそちらをぜひ読んでみてください^^

 

ぼくにはなにもない

ぼくにはなにもない

  • 作者:齋藤 真行
  • 出版社/メーカー: 愛本出版
  • 発売日: 2019/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

答えのない世界を生きる

答えのない世界を生きる

  • 作者:小坂井敏晶
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  

小幸福論

小幸福論

 

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
 

 

②動画を見る

やってよかったと思うことの2つ目は「動画を見ること」。

僕はいま講演会などいろいろなところでコントを披露させてもらっているのですが、そのコントをやろうと思ったきっかけがひきこもっていたときに、YouTubeで東京03さんのネタを見たことがきっかけでした。


東京03 - 「ステーキハウスにて」 / 『第19回東京03単独公演「自己泥酔」』より

 

ひきこもりの気持ちがドロドロしていた時に、東京03さんのネタを見たときに大感銘を受けました。東京03さんのネタって人間のどろどろした感情や、いいたくてもいえないことをうまいこと笑いに昇華しているんですよね。

 

当時の僕は自分のこのドロドロした感情をどうやって表現したらいいかに悩んでいました。そのときに東京03さんのネタを見て、「笑いの力」ってまじですげえなと心底思いました。

 

僕の場合はこのように動画を見てコントを知り、そこに感銘を受け外に出るきっかけの一つとなった、ですが、もちろん皆さんに僕のようにコントを見て感銘を受けろ、と言いたいわけじゃありません。

 

僕が言いたいのは、「動画(YouTubeでもニコニコ動画でもなんでも)には感銘を受けるくらいすごいコンテンツがたくさんある」ってことです。

 

よくYouTuberの動画を見て元気をもらえた、とか自分もYouTuberをやってみようと思ったとか聞くじゃないですか、それです。

 

だからこそひきもっていて先も何も見えない、って人はとりあえずだまされたと思って、YouTubeふらっとみてみるのとてもおすすめです^^

 

案外そんなときに、「お、これ面白そうだな。やってみたいな。」って思えることにであるかもしれません。

 

③自分の気持ちを紙に書く

やっててよかったことの3番目は「自分の気持ちを紙に書くこと」ですね。

ひきこもっていたとき僕は自分が今何を考え、何に恐れ、今どういう状態なのかが全くわかりませんでした

そんなとき、破裂しそうだった頭を抱えながらノートにとにかく手が勝手に動く限りでの今の自分の思い、気持ちを書きなぐってみました。

そのときこれを書いたら人に変に思われるとか考えず、だれにも見せない(見せられない)ノートにとにかく自分の気持ちにストッパーかけることなく書きなぐりました。

 

これが無茶苦茶効果抜群で、20分ほどがむしゃらに書きなぐったあと、とってもスッキリした気分になっているんです。

 

このやり方は今でもずっと行っていて、一日一回は何かしらノートに書きつけています。そのくらい効果あります。

 

下の写真はこ3年くらいに書いたノートの冊数です。なかなかの数あります笑

f:id:dotama-kotoba:20191227181724j:plain

 

この方法は本当におすすめです。

ぜひ試してみてください^^

 

 

part1は以上です。

part2へ続きます。

 

今日もなにとぞよろしくお願いします!

年末皆様も忙しいとは思いますがお身体に気を付けてお過ごしください^^

ではまた!

 

 

 

大晦日~正月は何して過ごしますか?、ってなはなし <tigubaguおすすめの過ごし方ご紹介~>

おはようございます。こんにちは。

tigubaguこと、桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

f:id:dotama-kotoba:20191225223805j:plain

 

晦日、正月皆様は何をしてお過ごしになられますか?

 

年末年始にいくとおすすめなところをまとめてみましたのでぜひご覧になってください^^

 

①温泉

f:id:dotama-kotoba:20191226194936j:plain

 

冬といえばやっぱり温泉!!

冬の寒い時期に入る温泉ほどきもちのいい温泉はないですよね^^

新年あけてから温泉でゆっくりすると心も体もほぐれて、なんだかいい一年になりそう!^^

 

https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/onsen/

 

↑のサイトの日本の人気温泉ランキングによると、我が九州大分の別府温泉が2位にランクイン!!さすが!

 

もちろん上記サイトのような温泉処は有名ですが、そうではないところでも良質な湯の温泉が湧いているってのが温泉大国日本のよいところですよね^^

 

ちなみに大分県はなぜか別府、湯布院、と温泉県なのに日本3大温泉には選ばれていません。

大人の事情か!?

 

②初詣

f:id:dotama-kotoba:20191226200333j:plain

 

ド定番といえばド定番ですが、最近は

「わざわざ正月に行かなくてもいいかな~」

という人も増えてきているみたいです。

 

そんなときだからこそ!ぜひいってもらいたいですね^^

晦日から年越しをして初詣にいくあの雰囲気は独特ですよね^^

電車も都会だとどこも深夜便が増便されていますしね。

 

いかに日本全国の有名どころの初詣場所を載せておきます^^

 

北海道

https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/onsen/

東北

https://icotto.jp/presses/5099

関東(首都圏)

https://sp.jorudan.co.jp/newyear/area_kto.html

中部

https://www.oshiete-oterasan.com/winter/h-2020-4.html

関西

https://sp.jorudan.co.jp/newyear/area_knk.html

中国・四国

https://rurubu.jp/andmore/article/5317

九州

https://rurubu.jp/andmore/article/5317

沖縄

 https://sp.jorudan.co.jp/newyear/rank_okinawa.html

 

我が福岡も調べるといろいろあって驚きましたΣ(・□・)

太宰府天満宮1択ではないんですね笑

(そりゃそうだ!)

 

③お買い物

f:id:dotama-kotoba:20191226201738p:plain

 

正月恒例福袋!!

 

福袋って当たった時はいいですけど、外れの時の落ち込みも半端ないですよね💦

僕の大好きなポケモンも毎年正月ごとに福袋がポケモンセンターポケモンストアで販売されています^^

一回は買いに行きたいんですが、毎回すぐ売り切れてほんと入手困難らしいです💦

 

 

皆さんは何して過ごしますか?^^

良き年末年始をお過ごしください!^^

 

ではまた!

ここ最近読んだ心が軽くなった本を紹介するよ~、ってな話

おはようございます。こんにちは。

tigubaguこと桂木大輝です。

https://twitter.com/tigubagu0123

 

今日は、僕が最近読んだ本の中で心が軽くなる本を、一部本の内容を引用しながら紹介していきたいと思います。

 

ティール・スワン著『自分を愛せなくなってしまった人へ』ナチュラルスピリット

 

 

自分を愛せなくなってしまった人へ―自らに光をともす29の方法

自分を愛せなくなってしまった人へ―自らに光をともす29の方法

 

 

 著者のティール・スワンさんは幼少期から青年期にかけて想像を絶するほどのつらい経験をします。ほとんどの人がそのような経験をしたら立ち直れないような経験です。しかしティールさんはそのような経験をしたにもかかわらず今は自分を心から愛し、毎日を幸せに暮らしています。

 本書にはティールさんがどうやって自分を愛せるようになったかのプロセスが細かく書かれています。しかも巷によくある根性論や「あなたはそのままで素敵」の言葉だけではなく、きちっと自分を愛せるようになるためのワークのやりかたが書かれてあるので本当にわかりやすかったです。

 

 その中でも僕が特に感銘を受けた部分が以下の部分です。

 

完璧さによる自己評価をやめる。

もし自分を愛したければ、自己嫌悪によって設けられた基準に従って自己評価をし続けることはできないということです。完璧さというのは自己嫌悪に根差した基準であり、私たちの誰もがその残虐さにされています。

(中略)

(完璧さとは)単に、自己嫌悪が恋に落ちた象徴的アイディアにすぎません。自己嫌悪は完璧さというアイディアを使って、私たちが永遠にニンジンを追いかけるよう仕向けます。ニンジンを手に入れない限り、私たちは無価値で誰も愛してくれない存在だと信じさせるのです。

(中略)

完璧さによって自分を評価していれば、決して自分の基準に到達することはないと私は断言します。では、どうしたらいいのでしょうか?解決策は完璧さという考えを無視して、今ここにいるありのままの自分を受け入れることです。あなたの可能性や将来性を受けれるように言っているのではありません。そうではなく、この瞬間にいるあなたのすべてを受け入れるのです。

 

いい言葉です。

僕なんかはとくに特性の影響もあり、完璧主義が強いのですが、完璧主義で幸せになれたことなんて一度もないです。

 

完璧主義を抜ける方法は、どんな自分でも今このここにいる自分を受け入れること。

 

僕この考え方が大好きですね。

なぜなら自己完結しているから。

 

他人が自分をわかってくれない、

他人が理解を示してくれない、

 

なんてことがここでは関係ありませんから。

 

ただ自分で自分を受け入れるだけでいい。

本当にそれだけ。

 

よくある大げさなたとえを使うなら、世界中のみんな(75億人くらい?)が自分を否定しても、自分は自分を受け入れてさえいればいい。

 

そのとおりですよね。自分を傷つけるのは結局のところ自分なんですから。

 

自分で自分を、このいまの自分でいい、自分は自分となれば、なんだか安心感がわいてきませんか?

 

僕は心が軽くなりました。

 

今日一日もなにとぞよろしくお願いします!!

ではまた!!^^

 

ps YouTubeでも完璧主義について話してます~。よろしければご覧になってください~。


僕が発達障害ゆえの日常で感じるつらさ~part2~ 完璧主義がつらいぜ!!

12月26日だって大切にしたい、ってな話

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

 

f:id:dotama-kotoba:20191225031740j:plain

 

クリスマスが終わり、大晦日、正月が始まるまでのこの間、

12月26日、27,28あたり。

 

クリスマス、大晦日、正月に囲まれるThe平凡day。

 

僕ね、こういう平凡dayが妙にいとおしく?なっちゃうんですよね~。

多くの人に伝わらないことを前提として書いてますんで、どんどん書きます笑

 

1年間に祝日でも何でもない、もっというと休日でもない、そんな日って腐るほどあると思うんです。

そうなるとそういう日たちはついつい何でもない日として処理されてしまう。

 

しかし、こういう日だってね、なりたくてこんな平凡な日になったわけじゃないとおもんですよ。

 

本当は、クリスマスやお正月のように目立つポジションにいたかった!

なんならそこまでとはいかなくても、バレンタインくらいのポジション程度でよかった!

 

誰が望んでなにもない平凡な日になりたいですか!

人間だってちやほやされたい!

それは曜日だって同じなんですよ!

 

曜日も人間と一緒!ちやほやされたいのは一緒やけん!!

 

ですから、僕は何の特徴もない平凡な曜日もいとおしく、大切にしてあげたいんです。

 

なあ12月26日くん?

 

26日「うん。ありがとう。多くの人はね25日が過ぎちゃうと日にちに対する意識が薄くなっちゃうの。こうやって僕に気をかけてくれる人がいてくれて本当にうれしいよ。ありがとう。」

 

tigubagu「いいってことよ^^。俺もさずっと目立たない人生だったから26日の気持ちがよくわかるんだよ。お前は一人じゃねえよ。」

 

26日「僕は曜日だから、一「人」ではないかな。一「日」かな。」

 

tigubagu「お前は一日じゃねえよ。俺がそばにいる。」

 

 

26日俺はお前の味方だぜ!!

 

今日もなにとぞよろしくお願いします!

ではまた!

僕の特技は「何もしないこと」!?

おはようございます。メリークリスマス。

tigubaguこと桂木大輝です。

f:id:dotama-kotoba:20191223224625p:plain

 

自分って何ができるんだろうなあ~、なんてことを2日に1回は考えている男、tigubaguこと桂木大輝です。

 

しかし、いつも考えるのに疲れて途中でやめるですが笑

 

僕は根っからのめんどくさがり屋なのです。

いや、めんどくさがり屋だけならまだましです。

 

もっとひどく、思考だけがフル稼働していて、なかなか行動に移し切らない、完璧主義タイプのめんどくさがり屋なんです。

 

そしてまあ、とにかく集中力がないんだ。

これは僕の特性の一つADHDの要素が大きいのですが、一つのことに集中できない。

 

かと思えば、一つきになりだしたらずーっとそのことばかりを気にしている。

 

か~、自分でもなかなかの暴れ馬だと思う、この体。

 

そうなってくると、半ば必然的に、

「どうせやってもすぐ集中力なくなるし、また別のことが気になってそっちのほうにばかり意識が向いてしまう。そして思考が動き出すと、結局またなにもやらずにぶつぶつ考えてしまう状態になる。 そんならもう何もしないのが一番たい!

 

ってなって、そのまま何もしない状態になる、ってことなんです。

 

「何もしない状態」を大きく肯定するなら、

現代はとにかく何かしなくちゃ何かしなくちゃと常に何かやらなくちゃの状態だと思うんです。

そんな現代において何もしない状態ってのは、いい意味でリフレッシュできる時間でもあるんですね。

 

ゆえに、僕の特技は「何もしないこと」だ!!

 

が、何もしない状態が続くと、何かしなくてはと焦るのも僕が人間であることを物語っていますよね!

 

ではまた!今日も良き一日を!^^