「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。このブログは普段僕が感じているまたは感じた、ちょっと哲学的なことを徒然なるままに綴ったブログです。お時間のある方は是非読んでくださいな。

批判(反論)するには相手を知る必要がある

こんにちは^^

tigubagu(@tigubagu0123)です。

今日は何もない日なのでゆっくりとした1日を過ごそうかと思います。

ここ1週間移動移動の連続だったので💦

 

 

さてさて今日のテーマは、、

批判するには相手を知る必要がある

 

例えば、

ある意見について反論したいとしましょう。

専門家の意見や、議論で出てきた案に対してでもなんでもいいです。

 

そのためにはその人が何を言わんとしてその意見を言ったのかを知る必要があります。

 

きちんと相手が言おうとしていることを理解した上でこちらが反論しないと、「論」が通っていません。

 

しかし、このことがとてつもなく難しい。

批判、反論なんてのはいわば後出しじゃんけん、言ってしまえば誰にでもできる。

 

それよりも相手の言わんとすることをまずはきちんと理解することの方がよっぽど、よっぽど難しいのです。

 

それでも相手のことを理解しようと努めたときにすでに、

「理解するためには、批判するところがある。じゃないと理解できない!」

ってことがもうしょっちゅうあるんですよね。。。。

 

理解する⇒批判する

 

のように。。。

 

学問でも自分の専門外のことを批判するためには専門外以外のことも勉強しなければいけないんですけど、その勉強中に批判しなければならないことに直面してしまうという。。。

 

ふう、、、自分とは違う何かをわかるというのは難しいですね。。。

 

 

今日1日も何卒よろしくお願いします!!