「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。このブログは普段僕が感じているまたは感じた、ちょっと哲学的なことを徒然なるままに綴ったブログです。お時間のある方は是非読んでくださいな。

アジア旅 旅記事 part1

こんにちは^^

tigubagu(https://twitter.com/tigubagu0123)です^^

昨日の晩御飯にスーパーで買ってきたモツを食べたんですよ。

安かったのもあったのかとにかく油が多くてずっとお腹が気持ち悪かったです・・・・うう。。。。

 

 

 

さてさて今回のテーマは、、

アジア旅 旅記事 part1

 

僕tigubagu、昨年の2018年の10月のまるまる1か月アジア(フィリピン、タイ、マレーシア)を一人でバックパッカーをしていました。

 

本当のに今更ではあるんですが、このバックパッカーしてたときの旅記事をブログにしたいと思います。

 

幸いというか、僕旅中にスマホで日記をつけていたのでそれを見ながらも書いていきたいと思います!

 

 

旅のはじめ僕は(2018年時は北陸地方に住んでいた。)、最初の目的地であるタイはバンコクスワンナプーム国際空港へいくために出発空港である名古屋の中部国際空港にいた。

行き方としては中部国際空港→フィリピンはニノイ・アキノ空港で中継→バンコクスワンナプーム国際空港

という流れ。

 

これから始まる旅にとにかくわくわくしていて、がそれと同時に不安や恐怖もわくわくと同じくらいあった。

 

と、わくわくと緊張に心が支配されているその時、、、

早速いきなりアクシンデントに見舞われた。

21時20分発のマニラ行きを待っていると、

〜アナウンス〜
「ゼブパシフィック航空○○便にご搭乗予定のtigubagu様、tigubagu様。確認したいことがございますので15番ゲート窓口までお越しください。」

アナウンスで名前呼ばれるという経験なんてほとんどなかったのでまさか自分だったことに驚いた。

まあ、わざわざ呼ばれるということはいいこと、ではないのは確かそうだ。

 

以下係員とのやりとり

「あ、tigubaguです。」

「tigubagu様、ご確認したいことがございまして、tigubagu様はタイへのご入国は明日の10/8で、福岡へご帰国されるのが11月の7日で、よろしいですね?」(帰りは福岡に寄って帰る予定だった)

「はい。」

「あの、この場合ですとタイの滞在期間が31日となりまして、タイに30日以上滞在する場合はビザが必要となるんです。」

「はい、それは存じ上げてます。ただタイにずっといるわけではなく、タイ入国後から3日後くらいにはミャンマーかマレーシアに向かいます。」

「あ、そうなんですね。ちょっと確認いたします」

(しばしの間)

「tigubagu様、そのミャンマーかマレーシアに行くときの航空券または乗船券はお持ちですか。」

「いえ」

「どのように行かれるつもりですか?」

「陸路で電車かバスで行こうと思ってます。その場で予約するつもりです」

「あぁ・・・。その場合ですと、タイから別国へと行くための航空券か乗船券が必要になってくるんです。で、お持ちでない場合はタイの出国が11月7日の便になるためビザが必要になります」

「・・・」

 

このときの俺はまぁ焦った。いやいやいやいや。この旅早速オジャンになるのかと思った。

 

恐る恐る聞いてみた

「ビザないんですが、、、どうすればいいですか?」

「2つ方法がありまして、まずは福岡への帰国日をずらして30日以内にする。もう一つは、タイへの入国を1日ずらして30日以内にする。今回の場合ですと、マニラで一泊することになります。」

「ああ、、、てことはマニラからバンコク行きの便を新たに取る必要があるのと、今あるマニラからバンコク行きの便のお金は無駄になるってことですよね?」

「申し訳ございませんが、そうなります」

 

 

と、と、と、ということで!

まさかの急遽マニラで一泊することになりました。

まぁ実際にはマニラに着くのは夜中なんで2泊とみてもいいですが。

まさかのマニラ。いや、マニラは全く予想外。寄る予定すらなかった。

もうこうなりゃ楽しむしかない。でもその前に、、、ホテルを探さねば。


アクシデント、これこそが旅のつきもの。

これすら楽しんで行こうぜ。


とりあえずマニラです!

ホテルさがそー

 

さあ、いきなりマニラで一泊することになったtigubagu!!どうなる!?

 

PS.

マニラの空からの夜景と、ニノイ・アキノ空港の写真です。

f:id:dotama-kotoba:20190601194511j:plain

↑飛行機からのフィリピンの夜景です。

さすがに日本以上の島国だけあって、小さな島々に分かれている国ですね。

上空からでもよくわかります。

 

 

 

f:id:dotama-kotoba:20190601194534j:plain

↑到着ゲート。人だれもいねええええ!!

 

f:id:dotama-kotoba:20190601194516j:plain

↑ここをでるともう中へは戻れません。

フィリピンはアジアの中でも英語が段違いに通じやすいので、僕の片言の英語でも、、、、通じ、、多と思います!!

f:id:dotama-kotoba:20190601194528j:plain

↑フィリピン到着後すぐに食べたバーガーキングです。

味は日本とそんなに違いはありませんでした。