「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。このブログは普段僕が感じているまたは感じた、ちょっと哲学的なことを徒然なるままに綴ったブログです。お時間のある方は是非読んでくださいな。

自分は自分の味方であれ

こんにちは^^

tigubagu (@tigubagu0123) | Twitter

です^^

夜寝付く前の蚊との戦闘は本当に疲れます💦

なので僕ついに買いましたよ!アースノーマット!!

効果抜群なので蚊対策にぜひご活用くださいませ^^

(別にまわしものではございません)

 今日のテーマ

さてさて、今日のテーマは、、

自分は自分の味方であれ

 

三四郎小宮さん風にいうと

自分は自分の味方であれぇぇ!!

f:id:dotama-kotoba:20190607020215p:plain

自分の味方であるというのは、

 

どんなときも自分の心には肯定の意見を出すとも言えます。

 

僕は何もない日などはよくお昼過ぎまで寝ています。

 

かつての僕は昼過ぎまで寝ていた自分に対して、、

一日無駄にしたじゃねえかよ!!何やってんだよ!!

 

と責めていました。

 

しかしやっぱり何回注意しても自分は昼過ぎまで寝てしまう。

 

こうなると自分を責めてもつらいだけなんです。

 

俺は休む時はしっかり休まないとやっていけないんだ。

それが俺なんだ。

大丈夫。そんな俺でも自分は自分のことわかってるから。

 

と言い聞かせると心が楽になりました。

そもそも自分のことを本当にわかってくれるのは自分だけ

そもそもの話なんですが、自分のことを真にわかるのは当たり前ですが「自分」だけです。

 

他者に自分の考えや、悩んでいることを話しても、

「こういうことだよね?」とか、「なるほどそういうことか」と言葉の上では理解してくれてるようにみえますが、どこか「まだわかってくれていないな」という思いは僕の場合はずっとあります。

 

他者に期待をすると、十中八九つらくなります。

 

あの人ならきっと自分のことをわかってくれる!

あの人なら自分のもやもやを解決してくれる!

 

なんて期待を抱いて、そうならなかった経験はどんな人にもあると思います。

 

なぜならみな自分は自分のために生きているからです。

 

自分を真に支えるのは自分なんです。

 

 

しかしすべてを自分で抱え込むのではなく、世の中には人に相談しないと解決しない物事もたくさんあります。

 

僕は自立している人というのは、

 

人に相談すること、自分で解決すること、の分別がきっちりついている人のことを言うのだと思っています。

 

自分は自分の味方でいてください。

 

自分は自分の味方でいてつらくなることはありませんから。

 

今回は以上です!

また次のブログでお会いしましょう!