「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。tigubaguこと桂木大輝のブログへようこそ。発達障害当事者、ひきこもり経験者の僕が日々感じたことを徒然なるままにつづっていきます。読んでくだされば幸いです。

集団が怖い!

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

 大勢に対する恐怖

街中なんかで大勢(特に若者)を見かけると恐怖してしまう。

複数人で一人をいじめる、という被害にあったからだとは思う。

僕はとにかく大勢、集団が怖い。

ほかにも、大声を出しながら歩いている集団も怖い。

友達同士仲良くしているんだろうけれど、それを見ている僕はどうしても怖さを感じてしまうんだ。

 

この怖さって種類で例えるなら本能が訴えかけている怖さでどうにもあらがいようがない。

トラウマから発生する怖さだ。

僕だけじゃなく現代は多くの人がこういったことを少なからず抱えていると思うんだけれどどうなんだろうか。

「集団から笑われている」と思うと外に出れなくなる

外に出る前にいろいろと考えてしまって外に出きらんくなることはよくある。

この考えすぎることが外に出ることを難しくしている部分だ。

その中でも「集団が笑ってるからもしれない」と考えるととても怖くなる。

いじめられたときの恐怖をまざまざと思い出すからだ。

 

もちろんね、実際本当に笑っているかどうかなんてわからないし、笑われたところで何もないんだけれど、とにかく恐怖と捉えてしまっているんだ。

認知がゆがんでしまっているんだ。

 

僕と同じ気持ちの人、大丈夫だよ。

いつかきっと楽になります。

僕もそう信じています。

 

今日もよろしく。