「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。tigubaguこと桂木大輝のブログへようこそ。発達障害当事者、ひきこもり経験者の僕が日々感じたことを徒然なるままにつづっていきます。読んでくだされば幸いです。

寒暖差、花粉症、気圧差、ほこり・・・アレルギー性鼻炎は止まらない

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

 

僕はアレルギー性鼻炎だ。

この場合のアレルギー性鼻炎とは、「年がら年中なにかしらで鼻水が出てることの総称」として使っている言葉です。

(実際対アレルギー性の薬は飲んでいますが)

 

とにかく鼻が年中むずむずしている。

とくにつらいのが春先花粉が爆発的に増える時期と、冬前寒くなり始めた時期

買ったばかりの箱ティッシュがまじで体感時間秒でなくなっている。

気が付いたらなくなっている。

そのくらい鼻水がでる。

体のどこにそんな鼻水があるんだ、っていうくらい鼻水が出る。

 

寒暖差、花粉症、気圧差、ほこり、いろんな条件に反応して僕の鼻は暴走を始める。

幼少期のころはずっと耳鼻咽喉科に通っていたけれど、その時はよくなってもまた悪くなるって感じで、だからもう受け入れることにしている。

 

発達障害の人は感覚過敏の人が多いから、アレルギー性鼻炎の人はとても多いみたい。

大変ですよね。お気持ちわかります。

一緒に乗り越えましょう。

 

今日もよろしく。