「言葉の意味」を追い求め

こんにちは。tigubaguこと桂木大輝のブログへようこそ。発達障害当事者、ひきこもり経験者の僕が日々感じたことを徒然なるままにつづっていきます。読んでくだされば幸いです。

自分には何もないから、1日1日やることやってくだけ

おはようございます^^

こんにちは。こんばんは。

tigubaguこと桂木大輝です。

 

ここ半年ほど、ほぼ毎日、

「朝起きて、就労行って仕事して、家帰って、飯食って、読書&勉強して、風呂入って、寝る」だけの日々。

日本の多くの働いている人がこうだとは思うけれど、いいか悪いかはさておき僕もご多分にもれず仲間入りに片足をつっこんでいる。

実際就職して本格的に仕事が始まったらもっとこの色合いが強くなるんだろう。

 

ただ同じことの繰り返しの日々ってのはいいこともあって、メンタルがすこぶる落ち着いている。

もちろん特性上メンタルが荒れるのがデフォルトなので荒れるときもしょっちゅうあるけれども、そこからニュートラルの状態に戻るのがすごく上手になったなと感じる。

「心の中」の荒れ事を、目の前のやるべきことで上書きができるから、荒れる方向に体力を持っていかれなくなった。

荒れていても、仕事に集中していれば自然と落ち着いてくる。

(もちろん仕事(プログラミング)がうまくいかなくて荒れ続きのときもあるけれど、それも「傾向と対策」でかなり減ってきた。)

 

僕は別段社会的に何か価値がある人間でもないし、何か特別な才能がある人間でもない。

そんな人間だからこそ毎日の積み重ね、毎日の同じことの繰り返しが大切なんだと僕は思ってる。

自分で自分を励ますために書くけれど、単純なことの繰り返しの先に間違いなく大きな結果(成長)が待っている。

ただ1瞬は成長できた喜びを味わうことができても、またすぐに単調な日々が始まる。

そう考えると人生のほとんどは単調で、同じことの繰り返しの日々なんだな。

そんな日々をどれだけ楽しめて、幸せと感じられるかが、人生を謳歌するためのキーポイントとなりそうだ。

 

今日もいつもと変わらない日々を過ごします。

今日も何卒よろしくお願いします。